バーディを狙うためのドライバーテクニック

HOME > 最重要ポイント

ゴルフでバーディが取れないのは不要なゴルフ理論に縛られているから

ゴルフ、バーディを狙うためのドライバーテクニック

バーディを取るために必要な考え方は、
たった一つしかありません


 それは、 ティーショットの方向性を安定させ、
 ペナルティをゼロにする
 ことです

 バーディを取るには、
 ティーショットで思いっきり飛距離をださないといけない、
 と思い込んでいるのであれば、その考えは一度リセットしてください

 飛距離を重視するケースは、ラウンドのなかで、1〜2ホール程度です

 多くのアマチュア選手が、バーディを狙うとき、1打目で思いっきり飛ばし、
 できるだけグリーンに近づけようと、
 ティーショットの「飛距離」を重視しています

 しかし、バーディは、ティーショットのミスやペナルティがゼロの状態で、
 2打目を打てないと、狙いどおりに取りにいくことはできません

 そのため、「ティーショットの飛距離」よりも、
 「2打目をいかに良い状態で打てるか?」を重視する必要があります

 つまり、最重要ポイントは1打目、「ティーショットの方向性」になります

    バーディを狙うためのドライバーテクニック

ゴルフ、バーディを狙うためのドライバーテクニック